経営やビジネスに特化したニュースメディア

  • 掲載記事数: 5929件
Home > プレスリリース > OBCが、中小・中堅企業向け基幹業務システム 「奉行シリーズ」で電子記録債権管理に対応

OBCが、中小・中堅企業向け基幹業務システム 「奉行シリーズ」で電子記録債権管理に対応

勘定奉行をはじめとする、基幹業務システムを開発する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田成史/本社東京都新宿区:東証1部 登録銘柄コード4733:以下OBC)は、株式会社全銀電子債権ネットワーク(でんさいネット)が提供する電子記録債権(以下 でんさい)および日本電子債権機構株式会社(JEMCO)が提供する電子決済サービス(以下 電子手形)に対し、中小企業向け基幹業務パッケージ「奉行i8シリーズ」と中堅企業向けERPパッケージ「奉行V ERP8」で、電子記録債権管理に対応いたします。

電子記録債権は、中小企業の資金調達の円滑化・効率化を目的とし、今後、企業間取引の新たな決済手段として普及が見込まれます。OBCは、中小・中堅企業に対し、基幹業務パッケージ「奉行シリーズ」に電子記録債権業務の対応を実施することで、電子記録債権の管理、期日把握、自動仕訳伝票作成など、業務生産性の向上を実現してまいります。

奉行シリーズの電子記録債権管理の対応方針と概要
<対応方針>
でんさいと電子手形の電子記録債権管理の両業務に対応
電子記録債権管理のニーズや業務対応範囲に応じたシステムの選択性と拡張性を実現
1. パッケージ商品本体で電子記録債権の簡易管理を実現
2. オプション製品を組み合わせることで電子記録債権・手形・ファクタリング・期日現金を含めた債権債務管理を実現
<概要:対応シリーズ・製品・機能一覧>
対応シリーズ 製品 機能
奉行i8シリーズ
および
奉行V ERP8
勘定奉行シリーズ ※1
入金管理オプションfor勘定奉行シリーズ
支払管理オプションfor勘定奉行シリーズ
商奉行
蔵奉行
1.電子記録債権の簡易管理を実現

電子記録債権の簡易管理では、電子記録債権データの取込や、期日把握、仕訳伝票作成などを簡便化し、経理記帳など会計業務の生産性向上を実現します。

奉行V ERP8 債権管理オプションfor勘定奉行シリーズ ※2
債務管理オプションfor勘定奉行シリーズ ※2
受取手形管理オプションfor勘定奉行シリーズ
支払手形管理オプションfor勘定奉行シリーズ
2.電子記録債権・手形・ファクタリング・
期日現金を含めた債権債務管理を実現

電子記録債権・手形・ファクタリング・期日現金を含めた債権債務管理では、債権/債務の計上、締め処理、回収/支払予定の管理、入金/支払の管理、消込処理など一連の債権債務業務を省力化します。また、電子記録債権・手形・ファクタリング・期日現金などの債権債務に関しては、発生から決済までのてん末や期日管理などの業務に対応し、経理業務全般の業務生産性の向上を実現します。

※  製品によって、機能範囲、対応時期は異なります。
※  奉行iシリーズ、奉行V ERPの対応は検討中です。
※1 勘定奉行シリーズは、勘定奉行[個別原価管理編]、勘定奉行[建設業編]を含みます。
※2 債権/債務管理オプションは、債権/債務管理Proオプションを含みます。
対応時期
平成25年 今秋以降、順次対応予定

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitter

Twitterでも配信中です。

アクセスランキング