経営やビジネスに特化したニュースメディア

  • 掲載記事数: 5905件
Home > プレスリリース > OBCが、小規模法人向けソフトをフルラインアップでリリース 『奉行Jシリーズ』 平成26年5月1日より発売

OBCが、小規模法人向けソフトをフルラインアップでリリース 『奉行Jシリーズ』 平成26年5月1日より発売

勘定奉行をはじめとする基幹業務システムを開発する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田成史/本社東京都新宿区:東証1部 登録銘柄コード4733:以下OBC)は、小規模法人向けソフト『奉行Jシリーズ』のラインアップに、『奉行J -給与編-』、『奉行J -販売編-』、『奉行J -仕入編-』を追加し、発売中の『奉行J -会計編-』とあわせて、フルラインアップを揃えました。追加3製品は、平成26年5月1日より、全国の販売パートナーを通じて販売いたします。

会計・給与・販売・仕入業務のフルラインアップを投入することにより、業務ソフトウェアにおける小規模法人市場でのビジネス拡大を狙います。

『奉行Jシリーズ』 3つの特長

導入前から安心
『奉行Jシリーズ』は、導入前に60日間無料版をご利用いただけます。業務ソフトの利用が初めてのお客様もスムーズにご導入いただけるよう、「無料相談窓口」で使い方や疑問点を確認・解決でき、安心してご導入いただけます。
2つの販売モデル
『奉行Jシリーズ』は、従来の箱入りパッケージ販売に加え、インターネット経由のダウンロードプログラム利用もご用意しており、お客様のニーズに応じて選択いただけるため、スピーディかつ低価格で、簡単にはじめることができます。
安心して使い続けることができる
全国56万社を超える企業が導入した奉行シリーズの特長である導入のしやすさ、分かりやすい操作性、高品質のサービスをご用意しています。OMSS(保守サービス)で毎年プログラムの更新を行い、小規模法人の業務範囲に最適化された“使いこなせて、安心して使い続けることができるソフト”を、ご提供します。

OBCは、『奉行Jシリーズ』の投入により、中堅・成長企業向けERPパッケージ「奉行V ERP8」、中小企業向け基幹業務パッケージ「奉行i8シリーズ」とあわせて、最新基盤ベースの3層モデルを確立し、小規模から中堅までのすべての企業層の情報システム化をカバーします。
企業の成長により業務が高度化した場合も、奉行シリーズの上位グレードに安心してバージョンアップいただける体制で、サービス提供をいたします。

『奉行Jシリーズ』 製品概要
対象製品
奉行J –会計編-2014年版 奉行J –給与編-2014年版
奉行J –販売編-2014年版 奉行J –仕入編-2014年版
※『奉行Jシリーズ』は、毎年プログラム更新を行います。
ご利用中のお客様には、OMSS(保守サービス)特典として更新プログラムをご提供します。
発売日
平成26年5月1日 出荷開始
販売概要 提供方法は、お客様の利用形態に応じた以下の2通りをご用意します。
・ 利用型:インターネット経由のプログラム提供(1年間を提供期間とする年間利用ライセンスでの提供)
・ 購入型:パッケージ販売でのプログラム提供
製品価格 (全製品共通、税抜)
・ 利用型:初期登録費用 20,000円、年間利用料 40,000円
・ 購入型:80,000円
OMSS(保守サービス)価格 (税抜)
・ 利用型:インターネット経由のプログラム提供(1年間を提供期間とする年間利用ライセンスでの提供)
・ 購入型:パッケージ販売でのプログラム提供
販売概要 提供方法は、お客様の利用形態に応じた以下の2通りをご用意します。
・ 利用型:年間利用料に含まれます。
・ 購入型:会計編・販売編・仕入編 40,000円/ 給与編 50,000円
製品仕様
10億円未満(主に1~5億円)の小規模法人業務に特化したスペック、機能

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitter

Twitterでも配信中です。

アクセスランキング