経営やビジネスに特化したニュースメディア

  • 掲載記事数: 5905件
Home > プレスリリース > 【テレビウォッチャー】第35回コラム「期末大型特番対決!!勝ったのは、武蔵かトヨタか?」

【テレビウォッチャー】第35回コラム「期末大型特番対決!!勝ったのは、武蔵かトヨタか?」

データニュース株式会社

データニュース株式会社

【テレビウォッチャー】第35回コラム「期末大型特番対決!!勝ったのは、武蔵かトヨタか?」

視聴者が満足度判定!
大型ドラマ対決
キムタクVS佐藤浩市 軍配はどっち!?

データニュース株式会社(本社:東京都渋谷区南平台 代表取締役 荒木克彦 http://www.data-news.jp)では、毎日、全国のアンケート会員6,000人から テレビ番組の視聴アンケートを収集しております。収集データは、 「テレビウォッチャー」(http://www.tv-watcher.jp/)にて掲載し、 分析結果などをコラムとして掲載しております。
今回は、期末の大型特番として放送された、テレビ朝日「宮本武蔵」と、 TBS「LEADERS」を分析しました。

第35回 期末大型特番対決!!  勝ったのは、武蔵かトヨタか?

「タイトル」対決
3月は期末特番のオンパレードである。なかでもテレビ朝日が開局55周年の 記念番組として3月15日と26日の二夜にわたって放送した「宮本武蔵」と、 翌週22日と23日、TBSが放送した「LEADERS」は大いに注目された。
宮本武蔵は言わずとしれた「剣豪」であり、書画にも卓越した才能の持ち主で、 日本人なら知らぬ人はいない。他方、「LEADERS」の主人公については、 実名ではないものの、彼がトヨタ自動車創業社長・豊田喜一郎で、 番組は国産自動車開発に捧げた彼の一代記であることは一目瞭然である。
しかし彼の人となりについては、武蔵のように誰もが知っているわけではない。
そういった観点から「タイトル対決」では「宮本武蔵」に軍配が上がる。

「出演者」対決
「宮本武蔵」、「LEADERS」ともに出演者にはずらり豪華メンバーが名を連ねた。
「宮本武蔵」に木村拓哉、「LEADERS」の創業社長役には佐藤浩市。
「宮本武蔵」のお通役には真木よう子、「LEADERS」の脇には橋爪功と宮沢りえ。
そして香川照之は「武蔵」と「LEADERS」の両番組に出演し、存在感を示した。
ただ出演者に対する視聴者の評価には大きな違いが生じていた。
「テレビウォッチャー」の調べによると、木村拓哉は“カッコイイ”、 “キムタクの新しい一面がうかがえた”など、好評価があるものの、真木よう子には “お通が別の人なら、もっとよかった”とか、“口が回っていない。
ビックリするほど下手”など、手厳しいものであった。「LEADERS」の佐藤には “最高”、宮沢りえは“りえちゃん(の演技:筆者脚注)が素晴らしい”など高評価がある反面、 “前田、下手”、“不要”など、これまた辛辣な評価である。
また久々にドラマ出演の「LEADERS」山口智子には一言の評価もなかったものの、 「出演者」対決は、佐藤の貫禄が優っていた分、「LEADERS」に やや“分があった”といえるだろう。

視聴者判定では「LEADERS」が圧勝
「宮本武蔵」、「LEADERS」に対する視聴者の評価は、どうだったのだろう?
「テレビウォッチャー」の結果から「接触者数」、「録画数」、「視聴満足度」について 見てみよう。結果は次の表の通りである。

ことさら説明の要はあるまい。「接触者数」、「録画数」、「視聴満足度」ともに「LEADERS」が 「宮本武蔵」を圧倒している。なかんずく「視聴満足度」において第二夜で5点評価を下した人の数は「LEADERS」は「宮本武蔵」の3倍近くにもなっている。両番組とも、“終わりが駆け足。
荒っぽい(「LEADERS」)”、“小次郎との対決描写が短く物足りない(「宮本武蔵」)”など、 肝心の番組の終り方で視聴者の期待を裏切る評価となっている。

とくに「宮本武蔵」は、小次郎との決闘に至る経緯の説明に乏しく、 5点評価の減少に繋がったと考えられる。とはいえ両番組とも、上の表のように それなりに高い評価を得ている。 しかし第二夜に対する視聴者の感想には、 第一夜ほど高い評価が認められない。これが二夜目の接触者数の減少に繋がったと言えよう。
とくに「宮本武蔵」において、その感が強いと感じるのは、筆者だけに限らないだろう (「評価」は視聴者の感想をそのまま記載)。

木村拓哉&佐藤浩市の今年の仕事運は!?

テレビウォッチャーでは、『宮本武蔵』・『LEADERS』で共に、大型ドラマの主役を務められた、 木村拓哉さんと、佐藤浩市さんの今年の活躍をお祈りして、2013年の仕事運を占いました。

◆ 木村 拓哉 1972 年 11月 13日 生 さそり座 ♂

仕事の場面でどんなピンチに見舞われたとしても、必ず最後には救われるという 強運の持ち主であると言えます。仕事運もとても安定した流れで次第に 上昇していきますから、臆することなく、自分の選んだ道を邁進していくことに 精進していってください。

◆ 佐藤 浩市 1960 年 12月 10日 生 いて座 ♂

自分を犠牲にしてまでも、仕事の目的を達成させようと賢明に努力する人でしょう。
このまじめな堅実さが、やがては素晴らしい成功を生むことになるはずです。とにかく人が いいタイプであると言えますので、激しい販売競争などは向いていないかもしれません。

http://saimitsu.com/(細密占星術調べ)

《細密占星術とは》
1979年、日本のロケットの父「糸川英夫博士」の研究所で産声をあげて34年目、 皆様のご声援に応えリニューアルを繰り返してきました。惑星の運行や惑星の取る角度を正確に計算し、 あなたのホロスコープから占います。このサイトは正確なホロスコープと過去33年間積上げた 膨大な文章データにより、あなたとあなたの大切な人の生まれ持った基本運をはじめ、 毎日変化するいろいろな運勢を細密に占うことが可能です。「あなた以外の人」は 登録情報を更新することで何人でも占うことができます。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitter

Twitterでも配信中です。

アクセスランキング