経営やビジネスに特化したニュースメディア

  • 掲載記事数: 5931件
Home > プレスリリース > マイクレル社、クラス最高の効率と電流精度の高電流カメラフラッシュLEDドライバ2製品をリリース。 – 新製品では最小の合計ソリューションサイズと最大95%の効率を提供 -

マイクレル社、クラス最高の効率と電流精度の高電流カメラフラッシュLEDドライバ2製品をリリース。 – 新製品では最小の合計ソリューションサイズと最大95%の効率を提供 -

米アナログ、高帯域通信、イーサネットICソリューションの業界のリーダーである米国マイクレル・セミコンダクタ社の日本法人マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(以下:マイクレル社、横浜市西区みなとみらい 代表取締役社長:山本一博)は、新型高電流カメラフラッシュLEDドライバ製品2種を本日発表した。

MIC2870とMIC2871は、最大1.5AのカメラフラッシュLEDを1個または2個駆動可能で、クラス最高の効率と広電流範囲に渡って、良好な電流精度を提供する。これらのデバイスは、スマートフォン、カメラ付き携帯電話、タブレット、ノートブック、デジタルスチルカメラ、ビデオカメラなどのバッテリ動作携帯機器に最適。MIC2870およびMIC2871は現在量産品の発注が可能で、価格は1000個ロットでの単価がそれぞれ$0.50および$0.44から。

「この新型カメラフラッシュLEDドライバファミリは、パフォーマンスとバッテリ寿命の要件の厳しい携帯機器に欠かせない、クラス最高の効率と電流精度を提供する。」と、マイクレル社LPS(Linear and Power Solutions)部門マーケティング部長のBrian Hedayati氏は述べた。「これらのデバイスは3つの外部コンポーネントしか必要としないため、ソリューションサイズとコストを最小化する。さらに、このデバイスの動的なLED電流制御により、微光環境下でのフラッシュの輝度と画質が向上する。」

MIC2870は、2.7V~5.5Vの供給電圧範囲で動作し、最大1.5AのLEDを 1~2個駆動可能。MIC2871も同様に2.7V~5.5Vの供給電圧範囲で稼働し、最大1.2AのLEDを 1個駆動できるよう設計されている。ビデオライトとフラッシュストロボLED電流は、I2C (MIC2870)またはシングルワイヤインターフェース(MIC2871)経由で16段階の調光が可能。これらのカメラLEDドライバは2MHzのスイッチ周波数で、最大95%の効率を提供しながら、非常に小型で強力な電力ソリューションを提供する。この2つのデバイスは、バッテリ電圧低下検知、出力負荷切断、安全タイマー、過電圧保護、LED短絡保護、フラッシュ禁止、過熱保護などの複数の安全機能を提供し、バッテリ負荷を軽減し、システム保護を向上する。デバイスの接合部動作温度範囲は、-40℃~+125℃となっている。MIC2870は2.0mm x 2.0mm TQFNパッケージで、MIC2871は2.0mm x 3.0mm TDFNパッケージで提供される。

製品詳細、データシートはこちらから入手可能(英文)。
http://www.micrel.com/_PDF/MIC2870.pdf
http://www.micrel.com/_PDF/MIC2871.pdf

マイクレル・セミコンダクタについて

マイクレル社はグローバルな半導体サプライヤーとして、アナログ、イーサネット、広帯域通信に使用されるICソリューションを世界市場に提供している。同社製品には最先端のミクスドシグナル製品、アナログ製品、パワー半導体、高性能通信用スイッチ、クロック管理スイッチ、イーサネット・スイッチおよびPHY製品がある。ユーザーにはエンタープライズ、民生、工業、モバイル、通信、自動車、コンピューター製品などの有力メーカーが含まれる。

本社と最先端のウエハー製造設備は米国カリフォルニア州サンノゼにあり、米州、欧州、アジア全域に地域販売代理店とカスタマーサポートの拠点、先端テクノロジーのデザインセンターがある。さらにマイクレル社は世界に広範な流通販売網と代表事務所を保持している。
詳しい情報はhttp://www.micrel.jp/から入手可能。

■お問い合わせ先

マイクレル・セミコンダクタ・ジャパン株式会社
〒220-6014
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1
クイーンズタワーA 14F
TEL : 045-224-6616
FAX : 045-224-6716
e-mail :info14@micrel.co.jp
ホームページ:  http://www.micrel.jp

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitter

Twitterでも配信中です。

アクセスランキング