経営やビジネスに特化したニュースメディア

  • 掲載記事数: 12123件
Home > プレスリリース > STマイクロエレクトロニクス 車載インフォテインメント機器向けオープンソース・プラットフォームGENIVI(R)に対応するSoC戦略を推進 ~ネットワーク接続された先進的な車載用アプリケーションを対象とした将来のマルチメディアSoCに向けてGENIVI準拠のSTiH416用ソフトウェア・スタックを登録~

STマイクロエレクトロニクス 車載インフォテインメント機器向けオープンソース・プラットフォームGENIVI(R)に対応するSoC戦略を推進 ~ネットワーク接続された先進的な車載用アプリケーションを対象とした将来のマルチメディアSoCに向けてGENIVI準拠のSTiH416用ソフトウェア・スタックを登録~

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、GENIVI(R)Allianceの主要メンバーであり、車載インフォテインメント(IVI)機器向けのオープンソース・プラットフォーム「GENIVI」をサポートするSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、最新のGENIVI仕様に準拠した主力ビデオプロセッサ・システム・オン・チップ(SoC)向けのソフトウェア・スタックを登録しました。

GENIVIプラットフォームは、車載インフォテインメント機器の主要機能である電話、オーディオ・ルーティング、Bluetooth(R)接続や、センサ・コントロール、カメラ・コントロール、ユーザ・コントロールなどのインタフェースをサポートする認証済みソフトウェア・モジュールをミドルウェアとして提供します。GENIVIのアプローチでは、先進的な車載インフォテインメント機器の要件を満たすため、GENIVI Allianceによって選択されたLinuxベースのオープンソース・ソフトウェアを採用しています。これにより、メーカー各社は、コスト効率が高く、革新的な車載インフォテインメント機器の新製品を短期間で開発できるようになります。

STは、高性能マルチメディアSoCであるSTiH416をSTのIVI-SDK GENIVI準拠のソフトウェア・スタックに対応させることにより、ロードマップを前進させ、車載品質に対応した車載インフォテインメント機器用SoCファミリの生産へと繋げていきます。このようなSoCを使用する顧客は、幅広い車載機器市場において、差別化された機能とユーザ・インタフェースを実現するアプリケーションを開発できるようになります。

STのデジタル・コンバージェンス・グループ、ユニファイド・プラットフォーム事業部、IVIビジネス・ユニットのソフトウェア & アプリケーション担当ディレクターであるMarco Carilliは、次の様にコメントしています。「GENIVI仕様は急速に進化しており、車載インフォテインメント機器の迅速な開発や、幅広いアプリケーションへの対応を可能にすることで、顧客や自動車ユーザにメリットを提供します。GENIVI準拠のSTiH416用ソフトウェア・スタックは、STのSoCアーキテクチャに、瞬時の応答とシームレスなマルチ・スクリーン体験を実現する能力があることを証明しました。これらの機能は、安全かつ信頼できる運転支援機能を提供し、現在住宅内でネットワーク接続を通して利用しているものと同等の高品質な体験を提供する上で重要になります。」

STの車載インフォテインメント機器用 SoCのロードマップにより、高性能なマルチメディア / 接続用SoC IP、車載品質のICを製造するためのプロセスおよびインフラストラクチャ、および自動車サプライチェーン内で確立されたSTの地位といった先進性が統合されます。

最先端のHD AVCプロセッサであるSTiH416は、高解像度のH.264/VC-1/AVS/MPEG2ビデオと3Dグラフィックス・アクセラレーションに対応しています。強力なARM(R) Cortex(TM)アプリケーション・プロセッサに加え、専用のマルチメディア処理エンジン、クアッド・コアのグラフィックス・プロセッサ、オーディオDSPを搭載しており、さらには接続用イーサネット、HDMI、USB2.0、オーディオ/TV出力などを搭載しています。また、卓越した電力効率と専用ハードウェアによるセキュリティ機能を提供するSTiH416は、GENIVIスタックをホストし、顧客独自の車載インフォテインメント機器をサポートするのに十分なリソースを提供します。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2012年の売上は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
デジタル製品グループ
TEL: 03-5783-8340 FAX: 03-5783-8216

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitter

Twitterでも配信中です。

アクセスランキング