経営やビジネスに特化したニュースメディア

  • 掲載記事数: 5931件
Home > ビジネス > チヨダ PB商品の販売シェア拡大を狙う 女子中高生向け通学用ローファーのPB商品を開発、発売

チヨダ PB商品の販売シェア拡大を狙う 女子中高生向け通学用ローファーのPB商品を開発、発売

 「シュー・プラザ」「東京靴流通センター」など全国1,100店以上を展開する靴販売大手のチヨダ (舟橋 政男社長、東証一部、東京都杉並区)は、当社のプライベートブランド「セダークレスト」から女子中高生向けの「ファッションローファー」(3,990円/税込)2種を、2011年2月上旬から全国1,100店舗以上及び当社ECサイト上で発売します。

女子中高生向け商品のPB商品の販売シェア拡大を狙う

 当社の若年層向け商品は、メーカー商品の仕入れ販売が中心でしたが、女子中高生達の通学の必需品であるローファーをPB化することで、若年層向け商品のPBシェアの拡大を狙います。
 「履いた時に見えないおしゃれをしたい」という女子中高生の気持ちを考え、ベーシックなローファーでありながら「細部のかわいさ」にこだわりました。中敷きには赤を基調にチェック柄をあしらい、甲の横革や留め具にハート形の装飾を施しています。
 またデザインだけでなく、通学時のストレスを軽減できるよう、抗菌防臭、すべりにくい「グリップソール」、幅広でゆったり履ける「3Eワイド設計」など、こだわりの機能を搭載しています。
 昨年15,000足限定で販売した女子中高生向け商品の再販売を望む声から、ディテール部分に手を加え、定番商品として新発売します。
 シュー・プラザ、東京靴流通センター、ザ・シューズ、靴チヨダ、など全国1,100店舗以上、及び当社ECサイト「トウキョウ シューズ グラフィティ」で販売します。計3万足の販売を目指します。

ヤング層の「セダークレスト」ブランド認知向上を目指す

 今回の商品は、女子中高生の取り込みを意識した商品です。
 当社は、2010年から、特に「若者の取り込み」を掲げ、数々の施策を打ち出してきました。
 10代女性向けには、読者モデルとして人気の鈴木姉妹を「セダークレスト」の広告に起用するなど訴求力の強化を行ってきました。
 2010年7月には若者向けECサイト「トウキョウ シューズ グラフィティ」を開設。若者への販売ルートも強化しています。当製品は、ECサイトでも販売しています。
 2010年6月には、株式会社グラフィティマガジンズの発行する雑誌「Tokyo graffiti」とタイアップしたWEBサイト「Chiyoda×graffiti お天気ガールズ」をオープンさせ、若者の認知度向上やサイトへの誘引を図ってきました。
 2010年12月3日には、「シュー・プラザ」の「都心型」「若者向け」旗艦店として「新宿東口駅前店」をオープンしました。オープン3日間で女性用ブーツを約1,500足販売するなど好調なスタートを切りました。

関連リンク

株式会社 チヨダ http://www.chiyodagrp.co.jp

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

コメントはまだありません »

TrackBack URL

Leave a comment




Twitter

Twitterでも配信中です。

アクセスランキング