経営やビジネスに特化したニュースメディア

  • 掲載記事数: 5929件
Home > プレスリリース > STマイクロエレクトロニクス 組込みシステム向けの最新ソリューションをEmbedded Technology 2013に出展 2013年11月20日(水)~11月22日(金) : パシフィコ横浜(STブース : No.F-36)

STマイクロエレクトロニクス 組込みシステム向けの最新ソリューションをEmbedded Technology 2013に出展 2013年11月20日(水)~11月22日(金) : パシフィコ横浜(STブース : No.F-36)

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、Embedded Technology2013において、組込みシステム向けの最新ソリューションを出展します。

組込みシステムは、私たちの暮らしの様々な場面で利用されています。昨今、あらゆる機器がつながる「モノのインターネット(Internet of Things)」や「クラウド技術」などの急速な成長が見込まれる中、組込みシステムの複雑化が一段と進んでいます。STは、ネットワーク化・高機能化の要求が高まるあらゆる組込みシステムに、最適なソリューションを提供していきます。

STブースで紹介する主なソリューション

スマート・アプライアンス

・「モノのインターネット」が注目を集める中、STは、ARM(R) Cortex(TM)-M4ベースの32bitマイクロコントローラ(以下マイコン)STM32F4をベースに開発された小型モジュールを用い、各種電子機器にネット接続機能を付加するデモを行います。イーサネット対応機能と優れた性能を併せ持つ32bitマイコンを搭載したこの小型モジュールは、生活家電をはじめとする各種機器のネットワーク接続を簡略化します。

・生活家電の操作性を向上させる新たなユーザ・インタフェースの一つとして、音声認識機能の搭載が考えられています。STは、STM32F4とMEMSマイクを搭載した評価ボードを用いて、音声認識のデモを行います。 このデモでは、人間が評価ボードに向かって定型コマンドを発声すると、マイコンに実装された人工知能がそれを認識し、コマンドをディスプレイ上に表示します。このソリューションは、エアコンや照明器具をはじめとする各種生活家電に最適です。

・また、キッチン用電化製品やOA機器をはじめとする電化製品に、Javaベースのグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)を追加する取り組みも始まっています。ブースでは、GUI機能を電化製品に追加するためのプラットフォームSTM32Javaを用いて開発されたJavaアプリのデモを実施します。STM32Javaは、リソースが限られた超小型システムにおいても、スマートフォンの様に分かりやすく、直感的、かつ魅力的なユーザ・インタフェースの搭載を可能にします。

スマート・センシング

・モーション・トラッキングでは、LP-Research社が開発した体の動きを高精度に測定する3Dスーツのデモを紹介します。この3Dスーツには、11個のセンサ・ノードが取り付けられており、各センサ・ノードがSTの加速度センサ、ジャイロ・センサ、地磁気センサならびにSTM32マイコンを搭載しています。デモでは、3Dスーツを着用した人間の動作をセンサが検出し、後部スクリーンに映し出されたアバターがその人間と同じ動作をします。Bluetooth経由で検出データの送信を行うこの3Dスーツは、データ転送の遅延が少なく、ゲーム、スポーツ、リハビリ等への応用が考えられています。

・農業従事者は、生産性を向上させるため、センサと情報通信技術を組み合わせたスマート・アグリの適用を進めています。STは、その幅広い製品ポートフォリオから、モーション・センサ、環境センサ、マイコン、通信用ICを統合したスマート・アグリ向けソリューションを紹介します。このソリューションは、複数のセンサ・ノードを農場に設置することで、農作物自体やその周辺環境のデータを継続的に蓄積することができるため、最適な発育環境の把握・分析に大きく役立ち、農業の競争力強化に貢献します。

・生活家電やスマートフォンの高付加価値機能の一つとして、近接センサを用いた非接触操作が考えられています。STの近接センサ・システムは、3つの光学素子を小型の1パッケージに実装し、光が最も近い対象物に届くまでの時間と反射光がセンサに戻るまでの時間を、対象物の色や表面状態に依存せず高速かつ正確に計測することができます。ブースでは、この近接センサ・システムを搭載した筐体に、手を近づけたり離したりすることで、近接センサ・システムと手の間の距離を測定するデモを実施します。

スマート・セキュリティ

・スマート・メータの普及の本格化に伴い、STは、スマートグリッド・アプリケーション向けのセキュリティ・モジュールであるKerKeyを使用し、ゲートウェイ・サーバと各スマート・メータとの間で、データ保護・認証を行うセキュア通信のソリューションを紹介します。同製品は、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)P-256のECC(楕円曲線暗号)をサポートしており、スマート・メータや生活家電等をはじめ、ネットワーク接続された様々な機器に、ハードウェア・ベースの強力なセキュリティを提供します。

ロボティクス

・ロボットには、センシング技術、制御技術、ソフトウェア技術など、組込みシステムに必要なさまざまなテクノロジーが集約されています。ブースでは、STの高精度なモーション・センサ(加速度センサ、ジャイロ・センサ、地磁気センサ)および高性能32bitマイコン STM32 F4を搭載した配管内点検用のヘビ型ロボットを展示します。Hibot社が開発したこのロボットは「PIPETRON」と呼ばれ、上下左右に拡がる複雑な配管内でも思い通りに操作でき、先端に取り付けられたカメラで、配管内の劣化・損傷を見つけ出します。

その他、STブースでは、STM32の各種採用事例をはじめ、PowerArchitecture(R)を採用した車載用32bitマイコン SPC56ファミリ、TPM / M2M用セキュア・マイコン ST33、NFC搭載の携帯型機器とRFIDリーダとのワイヤレス通信に対応したダイナミックNFC / RFIDタグ等を紹介します。

STマイクロエレクトロニクスについてSTは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。
STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2012年の売上は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

この記事をソーシャルブックマークやミニブログへ登録・共有する

Twitter

Twitterでも配信中です。

アクセスランキング